ビズリーチの審査に落ちた理由は?審査に落ちた後、審査基準を突破するための対策は?

ビズリーチにせっかく登録したのに、審査に落ちたとなるとショックですよね。。。

審査に落ちた理由と、審査後に再度審査基準を突破するための対策を調べてみたので、参考にしてみてください。

1.審査に落ちた理由

ビズリーチのQ&Aを閲覧してみると、審査に落ちた理由は伝えないと記載されています。実際に記載されている回答をみてみましょう。

具体的な審査基準は公開していないため、不承認の理由をお伝えすることはできかねます。なお、審査基準についてお問い合わせいただいでもご返答いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

ただし、情報不足等で不承認になっている場合は、審査結果をお伝えするメールに記載しておりますので、内容をご確認ください。

と書かれているので、具体的になぜ落とされたのかは不明ですが、審査基準に関して、Q&Aにこのような記述があります。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。

ビズリーチはハイクラスに特化した転職サイトなので、登録時点でハイクラスの職位に該当するか、またはハイクラスに到達する可能性のある職場、職種でないと審査基準を突破するのは難しいと推察されます。

実際にビズリーチの応募条件を閲覧してみると、年収が800万円以上を超える募集要項が多いです。

2018年11月時点で掲載されている年収1000万円を超える営業の求人(一部編集)をみてみると、以下の通りです。

営業責任者候補
年収:1500万 ~ 2000万

日本で事業を開始して数年ほどの外資系の●●ベンダーで、営業の責任者候補を探しています。

日本法人は、まだ数十名の小さい組織であり、日本特有の広告業界の慣習があることから、大手のナショナルクライアントを開拓出来て、代理店リレーションを強化していける方を探しています。

具体的な仕事内容は、
・広告代理店や大手広告主のキーパーソンに対して営業を行う
・パートナー各社のセールス活動と営業戦略の実行をサポート
・日本の営業のトップとして、本国とのやり取り、MTG参加
・他チームとも連携して、プリセールスからポストセールスへのスムーズな移行を図る。
・業界および自社主催イベントに積極的に主催、参加して、リードを生成できるようにタイムリーな営業活動を行う
などが挙げられます。

社内は外資系大手IT企業などの出身者が多く、ガツガツと勢いで売上をあげていくというよりは「大人の外資ベンチャー」という風土です。成果を出せばきっちりとした還元が期待できます。

特に、自らの力でマーケットや事業を切り開いていきたい方には面白い仕事が沢山あると思います。

ハイクラスの転職ができる応募者でないと、企業側からみた場合、応募者の質が下がり、採用に関わるコストが結果的に上がった結果、ビズリーチから離脱されると困るので審査を行なっていると考えられます。

2.審査基準を突破するための対策は?

1.情報不足等で不承認の場合、要請に対して誠実に対応しましょう。

ビズリーチから指示された通り、審査を実施してもらうための不足情報を入力して再申請をしてみましょう。

2.今の職場で昇進を目指し再登録、または昇進が難しい/ブランド価値の低い企業の場合、転職をして再登録しましょう。

私の場合、有名なベンチャー企業でかつ年収も高かったので、新卒1年目でも審査を突破することができました。

一方、名もない中小企業でかつ、昇進の見込みもないとビズリーチの審査を突破するのは難しいので、転職して労働者としての価値を高めることをおすすめします。

3.ビズリーチの審査に落ちた方におすすめしたい転職サイト

転職サイトなら「マイナビ転職」「リクナビネクスト」の2社に登録すれば、特に審査もなく登録を行い、どんな求人があるのかを見ることができます。

マイナビ転職

マイナビ転職は、転職サイトの中では、新しく誕生したサイトの1つです。そのため、掲載求人には、他の転職サイトとは違った特徴が見られます。

その特徴とは、「未経験者歓迎」の求人が多く、20代〜30代前半のキャリアが浅い人向けの求人案件が多いというものです。

マイナビ転職を運営する株式会社マイナビは、現在の新卒採用のサービスの中では、企業側からも大学生からも「使いやすい」という声が聞かれ、一番人気の採用サイトという評判もあります。

そのため、現在のマイナビ転職は、第二新卒や初めての転職という、若い世代に向けた求人案件を多く掲載しており、企業側も若い人材を採用したい時にマイナビ転職を利用するという傾向になってきています。

また、マイナビ転職の強みとして紹介されているのが、「マイナビにしか載っていない」求人が多くあるということです。

2018年10月現在では、マイナビ転職に掲載されている求人案件の83%が、マイナビ転職にしか掲載されていない求人とされており、その点はマイナビ転職の強みであると言えるでしょう。

リクナビネクスト

リクナビネクストは、求職者のほとんどが利用していると言っても過言ではない、転職業界No.1の転職サイトです。求人業界のトップを走るリクルートが運営している転職サイトであり、会員数は2018年3月時点で786万人を誇っています。(引用元:リクナビネクスト公式ホームページ)

なぜ、転職希望者の多くがリクナビネクストに登録するのかと言えば、やはりそのブランド力でしょう。筆者もそうでしたが、転職経験が少ないときは「転職=リクナビ」と考えるくらい、リクナビネクストの知名度は高いです。

これは、転職希望者からではなく、企業の採用担当者にとっても同じで「採用=リクナビ」と考える人が多く、実際に毎週水曜・金曜の更新では、新規の求人案件が2000件を超えることも珍しくありません。

求人の業種や業態も豊富で、大手一流企業からベンチャー企業まで数多く掲載されています。その分、転職希望者からすれば、希望に合った求人先を探すことができる可能性が高いと言えるので、リクナビネクストは、まずは登録したい転職サイトです。

4.ビズリーチの審査に落ちた方におすすめしたい転職エージェント

転職エージェントなら「マイナビエージェント」「DODAエージェントサービス」「リクルートエージェント」の3社に登録すれば、審査基準を突破して登録が可能です。

各社の特徴をそれぞれ書いているので、確認の上、ぜひ登録をしてみてください。

マイナビエージェント

大手上場企業からベンチャー企業まで幅広く多くの企業の求人情報を保有しているマイナビエージェント。リクルート、DODAに次ぐ、業界3,4番手の転職エージェントですが、その分サポートが手厚く対応いただける点が最大のメリットになります。

特徴1.企業と求職者とのマッチング力と徹底したサポート体制

リクルーティングアドバイザーが徹底した情報収集により企業の求める人物像や業務の特徴などを随時確認されているので、鮮度の高い情報が蓄積されています。そのおかげで、自分に合った企業を紹介してもらえます。

徹底したサポート体制がマイナビエージェントの強みで、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面談以外に、利用の回数等の制限なく、求職者に合わせて夜間や土曜日(9:00-17:30)の相談も受け付けてもらえます。

キャリアアドバイザーが今までの職務経歴書やスキルを丁寧に棚卸してもらえます。また他業界にチャレンジしたい人に対してもアドバイスおよび希望条件や価値観に沿った求人を紹介してもらえます。

特徴2.転職活動をトータルサポート

マイナビエージェントでは書類通過の合格率を高めるために、求人の募集をしている企業がどこに注目しているのか合格するためのポイントを基に客観的なアドバイスをもらえるので、書類通過の合格率向上に繋げています。

書類通過後の面接対策に関してもサポートが充実しており、質もんへの受け答え、身だしなみのチェック、話す速度や強弱など、キャリアアドバイザーが様々な観点からアドバイスをもらえます。

なので、面接が苦手な方にとって役立つアドバイスをいただけ、さらに模擬面接も実施いただけるので転職活動をトータルでサポートいただける点がマイナビエージェントの強みになります。

DODAエージェントサービス

年間1万人以上の転職実績を持つDODAエージェントサービス。

特徴1.非公開求人を含む希望に合った求人の紹介

公開されていないプレミアムな求人情報を紹介いただけます。例えば、営業であれば下記のような案件が紹介いただけます。

DODAエージェントサービスから抜粋

大手総合商社(営業)
概要担当投資事業における案件発掘、事業開発・事業投資に関する業務年収600万~1300万円おすすめ

ポイントビジネス領域が広く、さまざまなことにチャレンジできる風土があり、自身の能力アップにつながる環境です。

特徴2.2人のプロによる転職活動サポート

応募書類のアドバイスや応募書類では伝わりづらい人柄や志向を企業側に伝えていただけるので、選考通過を後押ししてもらえます。また、面接前後にもきめ細かいフォローをしていただけるので、安心してお任せできます。

リクルートエージェント

最も知名度が高く、転職実績も豊富なリクルートの転職エージェントです。

特徴1.転職支援実績No1

サービスを開始してから累計37万人の転職実績を誇り、業界1位。また、転職で年収がアップした人の割合も62.7%で、その転職実績は群を抜いています。

特徴2.他社を圧倒する求人情報の多さ

他の転職エージェントを圧倒する非公開案件を含め15万件以上の求人数を持っています。また、他社だと一都三県など地域が限られていたりしますが、リクナビエージェントは日本全国各地に対応しているのが一つ大きな特徴になります。

特徴3.37万人の転職実績を基にした転職サポートの充実

面接で合格するためのポイントを教えていただける「面接力向上セミナー」、社風や選考情報など、生の企業情報を伝える「エージェント レポート」、そして転職活動者の進捗をグラフィカルにトラッキングできる「Personal Desktop(PDT)」といった転職活動をサポートするツールが豊富です。

5.ビズリーチの審査に落ちても転職活動に成功すれば問題ない!

ビズリーチの審査に落ちるとショックですが、最終的に自分が望む転職先に就職できることがゴールです。

ビズリーチの審査に落ちても他社のサイトでは審査を通過することはよくあります。

複数の転職サイト・転職エージェントに登録することで自分に合った転職先が見つかる確率を高めましょう。