仕事がつまらないと感じた時の3つの原因とおすすめの解決策

通勤途中、学生の楽しそうな姿を見て「いいな。あの頃に戻りたい」と感じたことはありませんか?

なぜそう感じるのか、それはズバリあなたが「仕事がつまらない」と感じているからです。

その日は何とか乗り切れたとしても、つまらない、と一度感じてしまうと仕事の何にやりがいを見出していたのかもわからなくなってしまいますよね。

日々つまらないと感じながら惰性で仕事をこなして過ごすより、いったん立ち止まって仕事がつまらないと感じる原因を探ってみることをおすすめします。

今回は、仕事がつまらない原因と解決策をご紹介します。

仕事がつまらない3つの原因

まずは、「なぜ仕事がつまらない」と感じるのか、原因を考えてみましょう。

「入社した時はもっと楽しかった」
「やりたかった仕事に就いた」

こんな風に思いつつ、職場に着いたらため息がなんて人も多いでしょう。なぜ、こんな風に仕事がつまらないと感じてしまったのか、原因は様々あるでしょうが、代表的なものは、次の3つです。

  • 業務量が多い
  • 人間関係の悩み
  • やりがいが感じられない

それぞれ解説します。

1.業務量が多い

自分の仕事が認められて、やりがいのある仕事を任されたのなら何の問題もありません。

しかし、人手不足や、会社の方針などでどんどん仕事量が増やされてしまったというと話は別ですね。

業務量が増えて、それが収入に繋がればモチベーションも保てるかもしれません。が、中小企業などの場合は、サービス残業が増えたり、休日出勤を余儀なくされるかもしれません。

このような状態が続けば、心に余裕が無くなり、日々を過ごすだけで精一杯になってしまうでしょう。

そして、仕事を楽しいと思う心の余裕もなくなってしまうことでしょう。だんだんストレスが溜まっていき、結果として、仕事がつまらないと感じてしまうのです。

2.人間関係の悩み

職場の人間関係が原因で、仕事がつまらないと感じる人も多いでしょう。どの会社にも、仕事のできない同僚や部下、勝手な事ばかりを言う上司など、ストレスの原因となる人は存在します。

あなたのストレスが溜まっても、言いたいことを言ってしまっては、職場でだんだんと孤立してしまうかもしれません。

職場が尊敬できない人ばかりだと、居心地も悪くなる一方です。そんな環境では仕事が面白く感じるはずもありません。

3.やりがいが感じられない

自分が専門的に学んでいた分野の知識が生かせない、毎日同じことの繰り返しで達成感がないなどやりがいを感じられなければ、仕事が楽しいと感じることはないでしょう。

私はこれまで、人より転職回数が多いと言われるくらい、転職経験がありますが、転職理由としては、この「やりがい」が感じられなくなったことが一番の理由でした。

例えば、ある会社では、面接の時に聞いた業務内容が、実際に入社したら全く違い、ただの雑用係だったなんてこともありました。やりがいを感じられなくなる人には、私のようにある程度キャリアを持ち、入社することで実現したい夢がある人が多いでしょう。

ほかにも部署異動になってやりたい仕事から外された、簡単な仕事ばかりさせられるといったことも原因として考えられます。

やりがい、というのは言い換えれば目標であるともいえます。

手が届きそうで届かないところに目標があるからこそ面白く、やりがいが感じられます。しかし、目標が無ければ、仕事がつまらないと感じる原因になります。

仕事がつまらないと感じた時の対処法

では、

仕事がつまらないと感じたときは、どのように対処すべきなのでしょうか。

我慢して会社に通うのもいいですが、

せっかく仕事がつまらないと感じる原因を知ったのですから、今度はその対処法を考えましょう。

・なぜ仕事が大量なのか考える

まずは、仕事量が多い原因を考えてみましょう。

・人数が足りていない

・上司が現場の作業量を把握していない

・新規事業のため一時的に業務量が増えている

など、様々な原因が考えられるでしょう。新規事業のための一時的なものであれば、踏ん張りどころ割り切って考えましょう。ここで頑張ることで、上司からの評価が高まり、出世に繋がるかもしれません。チャンスだと捉えたほうが、仕事が楽しくなるでしょう。

よくあるケースが、上司が現場の状況を把握していないというものです。現場は仕事が回らず、残業や休日出勤がかさんでいても、上司は仕事が回っていると勘違いしているのです。「そんなバカな」と思うかもしれませんが、一度上司に相談してみましょう。

それだけで、状況が改善されることは多いです。人数がそもそも足りていない場合は、人員補充の相談、もしくは業務量を減らすという、経営判断が迫られるものです。なかなか改善されないようなら、労働基準監督署への相談も視野に入れましょう。

会社全体がオーバーワークであり、改善の兆しが見えないのであれば、転職も視野に入れて考えると良いでしょう。

・コミュニケーションを考える

人間関係を改善するのは、意外と簡単なことです。それは、まず「自分の行動を変える」ということ。次のことを意識してチェックしてみましょう。

・毎日の挨拶はきちんとしていますか?

・笑顔で人と会話していますか?

・自分から話しかけていますか?

人を変えるというのは、とても大変なことです。なので、まずは自分が変わることを意識してください。これらのことを意識するだけ、人間関係はかなり改善されるので、試してみましょう。

実際に私が経験したお話です。私が転職した先では、基本的に「あいさつ」の文化がありませんでした。私が朝、あいさつをしても、小さな声で挨拶が返ってくるか、返ってこないかという環境です。

社員同士もどこか距離があり、世間話もほとんどないような職場環境だったので、入社して一週間後には、仕事が楽しくないと感じていました。転職を考えようと思いましたが、とある本を読み、まずは自分が変わってみようと思いました。転職するのは、それからでも遅くないので。

とにかく、朝は笑顔でハキハキとあいさつをする、自分から雑談を振るなど、コミュニケーションをとることを心がけました。1週間も経った頃には、あいさつを返してくれる人も増え、自分からあいさつをしてくれる人も出てきました。

この会社はすでに退職しましたが、今でもこの会社の人とはプライベートで付き合いがあるくらい、関係は改善しました。このように、自分が変わることで、相手とのコミュニケーションを改善することは可能なのです。

同僚や部下は話してみれば趣味が合うかもしれませんし、気づかなかった凄いところがあるかもしれません。仕事の出来不出来は目に見えない部分だってあります。

・やりがいを見出す方法を考える

仕事に対するやりがいを会社が提示してくれないのであれば、自分で見つけるしかありません。その、効果的な方法は、「

仕事を種類別に分けてみる」という方法です。

例えば営業マンならば、以下のように分解することができます。

・アポイントをとる

・営業資料を作成する

・商談する

・クロージングする

・納品する

など、大きく分けてこのようなステップがあると思いますが、この中で、好きな仕事と嫌いな仕事があるでしょう。「商談は好きだけど、納品は嫌い」とか、「資料作成が好きだけど、商談が嫌い」など、人によって好みはそれぞれです。

楽しいと感じることはそのままに、嫌いなものは、楽しくなるように工夫する、やらなくても済むように他の人にお願いするなどして、対処すると良いでしょう。

仕事がつまらないと感じたら、兎にも角にも動いて考えよう

3つの原因と解決策をご紹介しました。しかし、

それでも仕事がつまらないと感じるならどうするべきか、ということですが、その場合は環境を変えてみることをおすすめします。

例えば副業を初めてみて、将来的な独立を考えてみたり、楽しい仕事は副業と割り切って、本業は淡々と進めてみるのも方法です。また、スクールに通って、技術を身につけるのも良いでしょう。

そして、一番手っ取り早い方法が転職してしまうことです。しかし、転職はなかなか大変なものです。自分一人では転職活動もなかなか進みません。また、どんな職場がいいのか、的確な判断をすることも難しいでしょう。

なので、まずは転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか?特に、業界最大手のリクルートエージェントは、取り扱い求人数も多く、サポートも手厚いので、あなたに合った転職先が見つかるでしょう。

いくら行動に移さないと、と言っても一人では限界があります。そんな時活躍してくれるのが転職活動のサポートをしてくれる会社です。リクルートエージェントに登録ししっかり相談してから副業か転職か選びましょう。

エキスパートの方がしっかり相談に乗ってくれるのできっと自分に合った仕事が見つかりますよ。

まとめ

つまらないと感じる仕事をし続けるのはストレスのもとです。

つまらないなら楽しくできる方法を考えましょう。どうしても解決しないようなら専門の会社に相談して副業か転職も視野に入れることをお勧めします。

きっとやりがいのあり仕事が見つかることでしょう。