仕事のストレスが限界を迎えた時の兆候と対策

「もう仕事がつらくてつらくて仕方がない…」仕事のストレスが溜まり、苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

仕事をしていると、様々な局面でストレスがかかります。仕事がうまくいく・いかないという理由もあれば、人間関係でストレスを感じることもあるでしょう。

仕事でのストレスというのは、避けて通ることはできないものです。

私も、日々ストレスを感じながら仕事をしています。

このストレスをうまく発散できないと、大変なことになってしまうので注意が必要です。

今回は、ストレスが限界を迎えている人の兆候と解決策をご紹介します。無理せず、仕事ができる参考になれば幸いです。

1.仕事のストレスが限界を迎えた時の兆候一覧

仕事のストレスが限界を迎えた人は、体に様々な不調が現れると言われています。一般的な症状は以下の通りです。

・頭痛

・腹痛

・腰痛

・肩こり

・吐き気

・うつ病

・睡眠障害

・下痢

・過食

・食欲不振

・白髪

・抜け毛

・生理不順 etc …

ちなみに私は、仕事のストレスが限界を迎えると、白髪が生えます。それが合図となることがわかっているので、ストレスを解消するように、お酒を飲んだり、一人で過ごすようにしています。

ストレスは精神的な負担ですが、心の負担は体の不調となって現れます。

仕事でストレスが限界を迎え、それでも無理をすると、重大な心疾患になってしまう可能性があります。

中でも、次に挙げる3つの症状はなかなか治るものではないので、ストレスを放置しないように気をつけましょう。

1-1.うつ病

ストレスが原因の心疾患といえば、「うつ病」ですよね。一日中気持ちが重く、それが長期間続くようなことがあれば、仕事のストレスが限界を迎え、うつ病の症状が進行していると言えるでしょう。

うつ病にも、様々な患者がおり、一概に治療法が確立されているわけではありません。

しかし、一度うつ病になってしまうと、ストレスの原因を取り除いても、少しのことで再度うつ病を発症してしまうこともあるので、気をつけましょう。

1-2.睡眠障害

うつ病を引き起こす症状の1つに「睡眠障害」も挙げられます。

疲れているのに眠れない、寝ても1,2時間で目が覚めてしまう…なんていう場合は、ストレスが限界を迎えているサインだと考えましょう。

睡眠をしっかり取ることができないで、頭痛や肩こりなど、その他の症状を引き起こしてしまうことも考えられます。

睡眠をしっかりと取ることができないようであれば、一度病院を受診することをおすすめします。

1-3.生理不順

女性に限った話ですが、ストレスが限界を迎えることで、生理不順を引き起こしてしまう人もいるようです。

ホルモンバランスが崩れていることが考えられるので、婦人系の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

男性の場合は、男性機能が一時的に減退してしまう人もおり、ストレスが体にもたらす不調は、様々な部分に現れると言えるでしょう。

ストレスが限界を迎えると、必ず体のどこかに不調が見られます。

普段と少しでも違うと感じたら、一度ストレスと向き合ってみることをおすすめします。

2.仕事のストレスが限界を迎えた時の解決策一覧

仕事のストレスが限界を迎えた場合、ストレスを解消しなければなりません。

ストレスを解消する方法には、以下のものが考えられます。

・体を動かす

・買い物をする

・カラオケで思う存分歌う

・美味しいものを食べる etc…

一般的なストレス解消方法は、こんなところでしょうか。人によってストレスの解消方法は様々です。

私の場合は、思いっきり体を動かしたり、一人でお酒を飲みながらゲームをしたりすることがストレス解消になっています。

ただし、多少のストレスならば、誰しも適度な解消方法を持っているかと思いますが、仕事のストレスが限界を迎えた場合はそう簡単に解消することはできません。

仕事のストレスを解消したいのであれば、そもそもストレスの原因となってる事案を解決しなければ、根本的な解決にはつながりません。

あなたがストレスを感じている理由を考えてみましょう。

・上司が無能なくせに、自分に仕事を押し付け、さらに尻拭いをさせられる

・部下がいうことを聞かない。仕事ができない

・名ばかりの社長のワンマン経営で会社がつまらない

・営業のノルマがキツくて、達成できないと詰められる etc…

これらのストレスを解決するためには、次の2つのことが考えられます。

1.目標を持つ

2.周りに相談する

それぞれ解説します。

2-1.目標を持つ

まずは、仕事をする上で、目的を持って仕事に望むことをおすすめします。

あなたの今の目標はなんですか?

別にこの目標は、あなただけの目標で構いません。

例えば「年収1,000万円を稼ぐ」という目標にした場合、会社に所属していたら何年かかるかわからないというのであれば、仕事は肩を抜いて、転職活動や副業を頑張る必要がありますよね。

今のあなたは、仕事が嫌だと考えるあまり、仕事に力が入りすぎている状態です。

目標を明確にすると、「なぜ嫌なのか」「何がしたいのか」なども明確になるので、選択肢が広がり、気楽になれるでしょう。

2-2.周りに相談する

仕事のストレスが限界を迎えると、口数が減って、人とのコミュニケーションもママならない状態になってしまうことがあります。

そこで、思い切って溜まったグチを人に話してみることをおすすめします。

家族でも同僚でも友達でも構いません。

あなたが感じているストレスを、すべて口に出して吐き出すことで、意外とスッキリしてリセットできることもあります。

単純なことですが、これだけで気持ちが楽になるという人が多いことも事実です。

ストレスの解決方法は人それぞれなので、自分に合った解決方法を見つけることが大切です。

しかし、何をしても、どうしても解決方法が見つからない、気持ちが楽にならないという人がいることも事実です。

そういった人は、どのように限界を迎えた仕事のストレスを解消すれば良いのでしょうか。

3.職場を変えるのもストレスの限界を軽減する一手

一番良い方法としては「転職して職場を変える」という手があります。

人間関係や仕事内容に関しては、職場を変えることで劇的に改善することが期待されています。

しかし、職場を変えるにはデメリットも多いことです。

引越しを伴ったり、そもそも転職先が現在よりもストレスの少ない企業だという保証はありません。

もちろん、スキルアップ、キャリアアップのために職場を変える人が多いことは事実ですが、職場のストレスから逃れるために転職することは、決して悪いことではありません。

事実私も、毎日深夜まで残業することが常態化していた会社で働いていたとき、ストレスから過食になってしまい、ストレスが限界を迎えたと感じたので転職しました。

古くから会社にいる人たちから引き止められ、「みんな頑張ってる」とか「もう少し続けてみてもいいんじゃないか」などと言われましたが、改善できる環境を野放しにしている人たちが、この状態を変えてくれることも期待できず、かといって自分が変える気力も無かったので転職を決意しました。

頑張ること、長く続けることが美徳とされる風潮がありますが、自分の体が一番大切です。

無理だと感じたら、転職することは、悪いことではありません。

4.仕事が辛くどうしても抜け出したい時は退職代行サービスを利用しよう

仕事が辛いからという理由で転職をする場合、やはり抵抗は少なからずあるでしょう。

そもそも、仕事のストレスから逃れたいという理由での転職を後ろめたいと感じない人は、仕事でのストレスはそこまで感じないと思います(笑)。

なので、実際に転職したいと考えても、実行に移せない人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめしたいのが、最近話題の「退職代行サービス」です。

その名を「SARABA(サラバ)」と言います。

簡単に言うと「あなたの代わりに退職したいって会社に伝えますよ」というサービスです。

自分で上司や経営者に「退職させてください」と伝えることに抵抗がある人でも、「SARABA」が代わりに伝えてくれるので、精神的に楽になるでしょう。

「SARABA」の素晴らしいところは、何と言ってもその金額。すべてコミコミで29,800円という、大変リーズナブル。

しかも、退職できなかった場合は、全額返金保証が付いています。

まあ、退職できなかった場合の気まずさはあるでしょうが…。

「SARABA」曰く、これまでの退職実績は100%ということなので、自分で退職を伝えられない、退職させてもらえないという場合は、「SARABA」を利用すると良いでしょう。

5.仕事のストレスが限界になった場合のまとめ

仕事のストレスが限界になった時、体に現れる不調と、その対処法をご紹介しました。

大なり小なり、皆ストレスは抱えているものです。

しかし、それが限界を超えると、必ず体に不具合が生じます。

そしてそれは、あなたの心からのSOSのサインです。

そういう時は決して無理をせず、転職を考えたり、「SARABA」を使って退職したりして、体と心を休めてあげましょう。

仕事は、人生を豊かにするための手段でしかありません。

手段が目的を上回っては本末転倒です。

仕事のストレスは、限界を迎える前に逃げ出すようにしましょうね。