仕事が辛いと感じて会社を辞めたい5つの原因と解決策

「一週間が長く感じる…。」

「サザエさん、終わらないで…。」

日曜日の夕方や月曜日に、憂鬱な気持ちになってしまうこと、ありますよね。多くの場合、仕事が辛いことが原因です。

仕事が辛いと感じている人にはわからないかもしれませんが、仕事が楽しいと思っている人は、サザエさんが終わったら鉄腕DASHを楽しく見ることができます。

仕事が辛いと、毎日が辛く感じてしまいます。仕事が辛い原因には様々なことがあるでしょう。

そして、辛い状況を我慢し続けてしまうと、体に不調が出てくる場合もあります。今回は、仕事が辛いと感じる原因と、そんな時の対策についてご紹介します。

どうしても仕事が辛いと感じている人は、参考にしてくださいね。

1.仕事が辛い時は甘えではなく自分を追い詰めすぎない

「仕事が辛い」

これは、誰しも抱いたことのある気持ちではないでしょうか。私も数年前、営業職として働いていたとき、毎日毎日テレアポ三昧だった時には、本当に仕事が辛いと感じていました。

一度辛いと感じてしまうと、今度は必要以上に仕事のことを意識してしまうようになります。

四六時中「仕事に行きたくない」と考えてしまい、結果としてさらに仕事のことを考えてしまうという、負の連鎖が始まります。

気持ちもマイナスに向かってしまうので、「他の人は頑張っているのに、どうして自分はできないんだろう」など、自分を否定することがスタートしてしまいますが、これは絶対にやめましょう。

仕事が辛い時に、この現状を改善しようと思い、自分を追い詰めると、余計に仕事が辛くなってしまいます。無理やり仕事を楽しもうと思ったり、周りに追いつこうとすると、それだけで心が磨り減ってしまいます。

「仕事が辛い」と感じていると思ったら、とことん辛いと割り切り、辛い理由を全て書き出してみることをおすすめします。

無理するのではなく、辛いと感じている自分自身を肯定することが、自分を追い詰めないための第一歩なのです。

2.仕事が辛い時の5つの原因と改善方法

仕事が辛いと感じる理由の多くは以下のものとなります。

1.成績が上がらない

2.人間関係に悩みがある

3.給料に不満がある

4.忙しい

5.なんとなく

それぞれ解説しましょう。

2-1.成績が上がらない

営業マン、マーケッターあるあるですね。これらの職種は、どうしても成果が評価に直結するお仕事です。そのため、成果が出なければ色々文句を言われたり、怒られたりしてしまいます。なので、成績が上がらないと、どうしても仕事が辛いと勘違いしがち。特に、営業に関しては、まだまだ会社によっては「努力と気合と根性」みたいな風習のところも多く、合う・合わないがはっきり分かれる職種でもあります。合う人は、水を得た魚のようにイキイキとしている一方で、合わない人は毎日仕事が辛いと感じてしまうでしょう。この理由の場合、腹痛や頭痛など、仕事に行こうとするとどこか体が痛くなるような症状が見られる場合があります。

解決方法

成績が上がらない要因の1つに「成果につながる行動をしているのか?」ということが挙げられます。例えば、売り上げ目標が100万円だった場合を考えてみましょう。

まず、そもそも適切なクライアントにアプローチできているでしょうか。1万円払ってくれる会社を100社探すより、10万円払ってくれる会社を10社、もっと言えば100万円払ってくれる会社を1社見つけた方が、契約は簡単です。

しかし、金額が高いとそこにアプローチするハードルも高く感じてしまいます。適当にアプローチするのではなく、どんなクライアントに商品を販売するのか、そしてその人たちにどうやって興味を持ってもらえるのかを考え、それを実行しましょう。

成績が上がれば、不思議と仕事は楽しくなりますよ。

2-2.人間関係に悩みがある

仕事が辛いと感じる原因の多くは、職場での人間関係もあります。パワハラやセクハラが原因で仕事が辛いと感じることもあれば、中間管理職のように、上と下の間に挟まれて辛いということもあるでしょう。

人間関係にも、合う・合わないがありますよね。不思議なもので、初対面でも仲良くできる人もいれば、なんだかわからないけれど合わないという人もいます。

やはり、会いたくない人がたくさんいると、仕事に行くことが辛いと感じてしまうものです。この場合は、深刻な状況になると、睡眠障害などを発症してしまう可能性があるので注意しましょう。

解決方法

「苦手」だと感じている人に対して、なぜ苦手なのか考えてみましょう。例えば、上司からのパワハラが原因の場合。

なぜ、その上司はあなたにパワハラするのでしょうか。あなたが隙を与えているのかもしれません。また、少し性格が合わないなという人の「良いところ」を1日3つ、ノートに書き出してみるようにしてください。

内容はなんでもOKです。髪型が素敵でも、ネクタイがかっこいいでも大丈夫。徐々に書くことがなくなり、次第にその人の言動を観察するようになります。

すると、今までとは違った視点で相手を見ることができるようになります。試してみてください。

2-3.給料に不満がある

どれだけ働いても、給料が上がらない。これでは仕事が辛いと感じてしまいますよね。私の今の会社は、社長は高級外車を何台も乗り回しているのに、社員は薄給で働いており、昇給もありません。仕事内容が辛いと感じたことはありませんが、「一生懸命働いてもどうせ給料が上がらない…」というマイナスのイメージを持ってしまうと、どんどん仕事が辛くなってしまいます。

解決方法

まずは、あなたが今の仕事内容でいくらもらえたら満足なのか考えてみましょう。月収と年収、それぞれ割り出してみてください。そして、それを実際に交渉してみましょう。

「これくらいやるんだからこの金額が欲しい。現状の給料ならば業務量を減らして欲しい」このように交渉することで、会社はなんらかのアクションを起こしてくれるでしょう。

そこまでして、待遇が変わらないのであれば、転職を考えた方がいいでしょう。

2-4.忙しい

とにかく忙しい。寝る暇もない。そんな労働環境では、当然仕事が辛いと感じてしまいます。私も、広告代理店で働いていた時は、残業・終電は当たり前。月に数回会社に泊り込むこともありました。

休日は疲れを取るためにひたすら眠るだけ。こんな生活をしていた時は、本当に日曜日の夕方が憂鬱でした。

残業が日常化している企業で働いていると、帰りにくい雰囲気もあるので、ヒマでも帰れないなんていうこともありますよね。

プライベートを充実させられない仕事では、辛いと感じてしまうのも無理はありません。寝不足から、めまいや頭痛などを引き起こしてしまうようなら、注意が必要です。

解決方法

私が実際にやったことですが、定時後にどんどん予定を入れてしまうようにしました。フットサルをしたり、飲み会を入れたり。

残業は残業であって、業務時間内に仕事が終わっていれば問題ないのです。最初は冷たい目で見られますが、徐々に「あいつは帰るやつ」という印象を与えることができます。

すると仕事を振られても「明日でも大丈夫だから」と周りが気を使ってくれるようになります。

2-5.なんとなく

仕事が辛いことに対して、明確な理由がないこともあります。実は、これが一番危険な状態です。「なんでかわからないけれど仕事が辛い」と感じている人は、うつ病になっている可能性があります。

明確な理由がわかれば対処もできますが、理由がわからない場合は精神疾患が理由かもしれません。一度病院に行ってみることをおすすめします。

仕事が辛いと感じる理由は、人それぞれです。自分なりの理由を探し、適切な対処をすると良いでしょう。

3.仕事が辛い時は転職をするのも解決策の一手

どうしても仕事が辛い、解決方法が考えられないというのであれば、無理に働こうとせずに転職するのも1つの方法です。職種はもちろん、社風や職場環境は合う・合わないがあるので、無理に迎合することはありません。

また、あなた自身の問題ならばともかく、他人や会社に原因がある場合、あなたの力ではどうしようもできないこともあるでしょう。そんな時は、無理せず転職することも考えた方が良いでしょう。

しかし、いきなり辞めるのでなく、必ず再就職先を決定してから退職するようにしましょう。働きながら転職活用することは容易ではありませんが、転職エージェントなどを有効活用し、ストレスのない職場を見つけられるように工夫してくださいね。

4.仕事が辛くどうしても抜け出したい時は退職代行サービスを利用しよう

仕事が辛すぎて、どうしても退職したいという状態まで追い込まれている場合は、今話題の退職代行サービスを利用すると良いでしょう。

中でもおすすめのサービスが、「SARABA」です。「SARABA」では、退職したいけど、会社に伝えられないという人のために、退職したい旨から退職書類の受理などを一手に代行してくれる、とても心強いサービスです。

特に、人間関係が理由で退職する場合、最後まで何を言われるかわかったものではありません。そんなとき、「SARABA」を使えば嫌な相手と顔を合わせる必要がないので、積極的に利用することをおすすめします。

価格も安く、これまでの退職代行の成功率はほぼ100%ということなので、安心です。

また、即日で会社を退職したいという相談にも乗ってくれるようなので、あなたの心がギリギリになる前に、早めに相談するようにしましょう。

5.仕事が辛い時の原因と対策のまとめ

仕事が辛い時の原因と対策をご紹介しました。仕事が辛い理由は、様々なものが考えられます。まずは、仕事が辛い理由について、自分自身と向き合ってみてください。

そして、何が原因で仕事が辛いのかわかったら、その原因を取り除くことができないかどうか、考えてみましょう。

自分の力や考え方次第で解消できる原因もあれば、どうしようもできないこともあります。そんな時は、無理せず転職や退職代行サービスを利用し、早く会社から去ることを考えた方が良いでしょう。

あなたがいつか「仕事が楽しい」という日が来ることを、応援しています。